記録的な猛暑 あらためて確認 熱中症対策

今年は梅雨の時期も短く、本当に暑いですね
熱中症で運ばれる方が増加中ってニュースでいつも耳にします。
重症化すると、死に至る可能性もあって、侮ってはいけない障害
そこで、暑さ対策と、熱中症について紹介したいと思います。

熱中症とは

気温が高いことなどで、体の中の水分や塩分のバランスが崩れたり、
体の調整機能が正常に動かなくなることによって引き起こされます。
身体は常に熱を作り出す一方、汗をかいたり、皮膚から熱を逃がすことで、
体温の上昇を抑えています。
しかし、このような体温の調整機能ができなくなり、
体内に熱が起こり、体温が異常に上昇することで熱中症は起こります。
重症化すると死に至る可能性もあります。

熱中症になりやすい環境

最高気温が25度を超えると、発症する人が出てきます。
30度を超えるとその数が急増します。

湿度が高いときも要注意
湿度80%以上だと、汗が蒸発しにくくなり、
熱中症への危険が高まります。

熱中症の症状と応急処置

できるだけ初期の段階で気付くことが大切です。
特に小さなお子様は遊びに夢中になると、
自分から訴えることをしない傾向にあるため、
特に注意が必要です。

Ⅰ度 現場での応急処置で対応できる軽症

・めまい、立ちくらみ
・足がつる
・汗をふいても、ふいても、出てくる(異常な発汗)

あああ対策:涼しい場所に避難
ああああああ衣服をゆるめ、体を冷やす
ああああああ水分と塩分を補給しましょう。

Ⅱ度 病院への搬送を必要とする中症

・頭がガンガンする痛み(頭痛)
・吐き気がする。または、吐く
・身体がだるい(倦怠感)

あああ対策:Ⅰ度と同様
ああああああ足を高くして休みましょう。
ああああああ水分および塩分を自分で摂取できない場合はすぐに病院へ

Ⅲ度 入院しての治療が必要な重症

・意識がない
・身体がひきつる(痙攣)
・呼びかけに対し返事がない
・まっすぐに歩けない
・体温が高い

あああ対策:すぐに救急車を呼びましょう
ああああああ救急車を待っている間、氷や水で
ああああああ首、脇の下、足の付け根、頭を冷やしましょう

暑さ及び熱中症対策

・気温と湿度のチェック
あああ高温、多湿の時間帯の外遊びはできるだけ避けましょう。
・こまめな水分補給
あああ気温が高いと、汗をかいていないように見えますが、
あああ水分は体からどんどん失っていきます。
あああ喉が渇いてから、遊んだ後ではなく、
あああ20分おきに休憩を取り、水分の補給をしましょう。
あああ1リットルの水分に1グラム程度の塩を混ぜると効果的です。
あああ特に子供は遊びに夢中になると、忘れがちです。
あああお父さん、お母さんがこまめに声をかけて、飲ませるようにしましょう。
・服 装
あああ吸水性や速乾性に優れている通気性のよう素材を選びましょう。
あああ体を締め付けすぎないように気を付け、熱を逃がす工夫をしましょう。
あああ子供には必ず帽子をかぶらせましょう。
あああまた、白い色などを選ぶことも効果的です。
・体調管理
あああ体調がすぐれない場合はもちろん、寝不足や食生活の乱れによっても、
あああ熱中症の発生リスクを高めます。

熱中症対策グッズ

・身体に身に着けて、身体を冷やす
体温と共にゆっくりと気化することで涼しさを感じることができます。

・ポータブル扇風機
ミストの水分が蒸発するときに熱を吸収し、肌表面の温度を下げてくれます。


・補 給
熱中症にならないための必要な成分が含まれている食べ物や飲み物を
効率的に摂取することができます。



今年は特に暑い日が続きます。
もし、キャンプをされる場合、厳しい環境下でのキャンプとなるでしょう。
とにかく、体調を万全にし、ここに紹介したグッズも最低限用意したうえで
キャンプに挑むことを強くおすすめします。
お子さんもしくは高齢者がいる場合は、特に重要なこととして、
こまめに会話をしてください。その反応が少しでもおかしい場合は
休息を取らせるなり、病院に行くように心がけてください。
ニュースでもよく耳にしますが、急変します。
「30分前はすこぶる元気でしたが、ほんのわずかな間に、意識が無くなりました。」
もし、「そんなに気にかけていられないよ」と思われる方は
時期を遅らせ、涼しくなってから、キャンプをしたり、外遊びをすることをおすすめします。
とにかく、大丈夫だろうという気持ちと、無理は禁物です。
大事な人たちが苦しんでいる姿を見ることは非常につらいです。
そうなる前に正しい判断で、楽しいキャンプを満喫してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です