Logos(ロゴス) インフレータブルマット 購入までの道

自分が使用している道具を少しずつ載せていこうと思います。
まずは冬も近くなることだしということで、
冬にオススメのマット、インフレータブルマットを紹介します。

僕が持っているインフレータブルマットはLogosの(超厚)セルフインフレートマット・DUO

購入に至るまでを含めて、紹介したいと思います。

マットに求めることを簡単に確認

マットはダブルサイズ、もしくはシングル2セット
マットの望むことはとにかく、クッション性
次は穴が開くとインフレータブルの機能がすべて失われるため、表面生地の強度

ネットでインフレータブルについて学ぶ

それまで、インフレータブルマットを使ったことも
寝転んだこともなかったので、
インフレータブルの特徴をメーカー公式サイトや
それぞれのマットのレビューをネットで確認。

早速、お店に行って実際に触れて、寝転んで

ネットで調べたことを思い出しながら、
まずは実際に寝転んでみました。
そこで、インフレータブルの寝心地や収納サイズなど
大まかに確認しました。

ショップで試したものは、キャンプ用品定番の老舗

当然ながら、有名なスノーピーク

とにかくクッション性が高いものをと考えると、
極厚なマット。スノーピークは6.2cmとかなり極厚
しかし、我が家の経済事情ではお値段が極悪
ああ※品質は折り紙付きを理解してますよ。

そこで、今度は値段お手頃で人に優しいコールマンをチェック

現在は廃盤で新しいモデルが出ていますが、
その当時は写真のような色で厚みは4.0cm
ダブルもあり、収納サイズも小さく、
やはりお値段は手頃でした。
当然ですが、高級なスノーピークと比較すると、
外側の生地の厚さに差を実感。そのまま強度不につながる。
スポンジの固さにも他と比べてちょっと柔らかめ

何となく店頭で有名どころのインフレーターブルを比較しながら触れ、寝転んでみました。

実際に体験したことを踏まえて、気になるマットの検索と絞り込み

何となくインフレータブルというものを理解したので、
一旦
帰宅し、いろいろなメーカーをあらためてネットで検索、そして、調査。
聞いたことがあっても、店頭にはないようなメーカー含めて
かなりのインフレータブルマットが出てきました。
同じメーカーでも厚さもいろいろラインナップされ
ただ、メーカーで絞ることもナンセンスと感じ、
最初にマットで求めていた寝心地がいいものということから
マットの厚さで絞ることとしました。

最低限の厚さを5.0cm以上と決定しました。
なぜ、5.0cm以上にしたかというと
3.5cm程度は収納サイズとクッション性といった感じの設定
2.5cm程度は収納サイズ重視の設定。
でも、5.0cmに寝転がるとその差は歴然。
寝心地が全然違うのです。
車移動が前提のため、寝心地重視の5.0cm以上に決定しました。

5.0cm以上というと
・スノーピーク:6.2cm
・モンベル:5.0cm
・Logos(ロゴス):5.0cm
・ノースイーグル:9.0cm
この4つに絞られました。

店頭で個々のマットを細かく比較、そして、ついに決定!!

早速、その4つをショップに見に行きました。
しかし、ここで、ノースイーグルの9.0cmだけが見つからず、
一番厚いので、興味がありましたが、
他メーカーではこの厚さのモデルがないところを見ると、
ここまでは必要ないのかなということで落選。
実際にショップにあって、試しに触れていたら、
これになったかもしれませんが、触れられないことによる
失敗の不安が大きかったです。

上でも書きましたが、スノーピークはお値段的に却下となったため、
残るはモンベルとロゴスの2つ。
2つの作りを比較。マットの端の生地合わせ目部分と生地の裁断状況でいうと、
御値段も高めのモンベルはさすがにきっちりされている感じ。感覚の問題です。
かと言って、ロゴスは生地がほつれ、はがれてしまうかというと
モンベルよりも重ねられている生地の面積が広いため、
どちらかというと、ロゴスの方が耐久性と
万が一、はがれても直すときのメンテナンス性は上かなと判断。
ただ、しいて言うならばというだけで、
表面生地の強度に大きな差も感じられず、
うーん、どっちもどっち。悩んでいると、視線の先に
ロゴスのダブルサイズ(スペックはシングルと全く同じ)を
見つけてしまいました。
シングルを連結してダブルと、もともとダブルでは
やはり真ん中の寝心地性はもともとダブルのロゴスが断然上

ということで、結果、ロゴスにすることにしました。
しかし、ここまで考えて購入しましたが、
やはり使ってみると、良いことばかりでないのが常というもの
そのため、次回はロゴスのインフレーターブルマットを使ってみてを
載せてみたいと思います。

 

Logos(ロゴス) インフレータブルマット 購入までの道” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です