とても便利で万能な焚火台 定番から斬新なものまで

焚火台とは名前の通り焚火をするための道具です。
これからの冬、暖を取りながら、揺らめく炎を眺めての団らん。
キャンプの醍醐味である重要な一つと言ってもいいでしょう。

ただ、この焚火台、焚火をするだけでなく、
いろいろなシチュエーションでも力を発揮してくれます。

・BBQ

ああああああああああああああああああ※出典:ユニフレーム
薪の代わりに炭を入れればバーべキューグリルになります。
メーカーによっては鉄板があったりといろいろなオプションパーツが
ラインナップされているため、いろいろなバリエーションで
使うことができます。

・ダッチオーブンを使った調理

ああああああああああああああああああ※出典:ユニフレーム
焚火台の上にダッチオーブンを直接載せて、
調理することも可能です。
ただし、ダッチオーブンはある程度な重量がありますので、
土台がしっかりしている焚火台を選びましょう。

こんな感じでいろんな場面を一つの焚火台で全部対応することができます。

片付けも非常に簡単です。燃焼スペースの構造が非常に単純なため、
ひっくり返して軽く揺らすだけ。
これだけで灰はきれいに取り除けます。
バーベキューグリルって、折り返しが付いていたりと、
形状が複雑なため、ひっくり返しただけでは
すべての灰を落としきることができませんが、
そんな苦労も一切ありません。

代表的な焚火台の紹介

焚火台の良さが分かったところで、
定番なものから、ちょっと変わった焚火台を紹介したいと思います。

定番の焚火台

・ユニフレーム

値段もお手頃で、とにかく頑丈です。
公式HPにも掲載されていますが、
ダッチオーブンを二つ載せても大丈夫。
一度購入したら非常に長く使えるおススメの焚火台です。
特に初心者の方、焚火台を初めて買われる方におススメです。
焚き火台の中で、商品ランキング1位。

・スノーピーク

焚き火台と言ったら、これというくらい代表的。
いつかはこれって、みんなが憧れる焚火台です。
お値段は少々お高めですが、とにかく丈夫です。
頑丈さでいえばナンバー1ではないでしょうか。
常識範囲内の使用で壊れることがあるのかと思うほどです。

・ロゴス

この焚火台の特徴は

串を指すことができる機能が付いています。
遠火で遠赤外線を利用して焼いた、川魚の塩焼きは
身もふっくらと焼き上げることができ、
絶品な焼き心地を実現することができるでしょう。

ちょっとかわった焚火台

・コールマン

とても斬新で、見た目もピカピカで非常にかっこいい。
メーカーコンセプトは”ビギナーが簡単に焚火ができることに
特化したオールインワンモデル”というぐらい焚火ビギナー向き
見た目で分かる通り、組み立て、収納が非常に簡単。
足を開く、足をたたむそれだけです。
専用ケースも付属されています。

・ユニフレーム

定番おススメの焚火台をラインナップされているメーカーから
変わり種の焚火台です。
とにかく収納が簡単で、非常にコンパクトです。
灰をパッパッと払って、くるくる丸めて収納完了。
最近ではこの変わり種である、メッシュタイプの焚火台も、
いろいろなメーカーから販売されるようになりました。

個性いろいろ、自分にぴったりの焚火台を!!

ここでは代表的で、自分好みの焚火台を紹介しましたが、
ここ以外にもまだまだ、いろんなメーカーの焚火台があります。
焚き火台にはそのメーカー独自の機能や形など、
それぞれ、いろいろな個性を持っています。
見た目も含めて、自分にぴったりの焚火台を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です