手間なくお米を炊くことができる便利グッズ 簡易炊飯袋おふくろのワザ

今回はお米を簡単に炊ける道具
防犯グッズとしてもキャンプとしても非常に優れモノ
だから、ここで紹介してみようと思います。

お米を炊くときにこんなことを
感じた方が少なからず、いらっしゃると思います。
・お米を洗いたいけど、炊事場が順番待ち
火加減が難しいんだよね
焦がしちゃうとお鍋の手入れが大変なんだよねー

しかし、ここで紹介するグッズはそんな不満や不安を
すべてを解消してくれる優れモノなのです。

名前は「おふくろのワザ」

内容品はこんな感じ
・軽量カップ(パッケージを際利用)
・コメ袋
・袋留め用の竹串

使い方も非常に簡単

写真では計量カップでお米を入れていますが、
パッケージを折りたたむとこれが計量カップに大変身
この計量カップちょうど一杯を袋に入れるだけ
あとは沸騰したお鍋に放り込み20分間待っているだけで出来上がり

特 徴

お米を洗う必要がありません。
不思議な袋から、勝手にヌカが排出されます。
一度排出されたヌカは戻ってくることはなく
結果、洗ったお米と同じような状態で炊きあがります。

袋は3回まで使いまわしが可能

一袋は100gですが、お鍋が大きければ、
いっぺんに複数分炊くことも可能

実際に使ってみて

最近の高額な炊飯器と比べると、炊きあがりの質は劣りますが、
この簡単な工程を考慮すると、とてもおいしい炊きあがりです。

不思議な袋は3回まで繰り返し使えると公式HPには記載がありますが、
実際に3回炊いてみると、さすがに3回目はヌカの香りを感じました。
個人的におすすめできる回数は2回までをおすすめします。

さらにこの良い点は、片付けも非常に楽です。
袋をゴミ箱にポイっとするだけ
お鍋でお米を炊く場合、ライスクッカーを使っても焦げてしまうことがあります。
内側をコーティングされていないお鍋や飯盒を使って
少し焦がしてしまった場合、そのお米を取るだけでも結構大変。
そんな手間も一切なし。

時間に余裕があるときなどは、ゆっくりじっくりとお鍋で
しかし、道路状況や、環境などのイレギュラーから
少しでも時間と手間を短縮させたい場合には非常におすすめです。
日常使い出なくても、いざという時、予備として
常備してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です